ジーンズ、服、靴、モノ、ETC
【テーマ:スポンサー広告】  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【テーマ:ジーンズ★海外ブランド】  2012/03/20(火)
最近、立て続けにジーンズを購入しております。
そのうちの1本。

TELLSON(テラソン)のAnkara Straight Legモデルの記事です。

P1020695.jpg

TELLASONというブランドを知ったのは比較的最近のことで……
それもそのはず、2008年にサンフランシスコ在住のTony PatellaとPete Searsonによって設立されたばかりの、ほやほやブランドです。

ほやほやなだけに未知数の部分が多いのですが、このジーンズに貫かれている「Made in USA」というある種、アメリカ人がアメリカに拘ったモノ作りにヨロっときました(笑)

ブランド名のTELLASONは設立者二人の名前の合成です。

まだそんなに紹介記事も多くないので、長めに、写真多めで進めたいと思います。
まずは、ナマ状態での全体像から。

P1020696.jpg

P1020705.jpg

TELLASONは大きく分けて、3つのシルエットタイプが日本で取り扱われているようです。

今回紹介しているAnkara Straight Leg(レギュラーストレート)に加えて、
Slim Straightモデル
Slim Taperedモデル

AnkaraとSlim Straightが14.75ozの生地。
Slim TAPEREDが12.5ozと軽めの仕上がりになっています。

Slim Straightモデルも試着しましたが、股上はかなり浅めです。DIEZELやタバニティなんかを穿いてたので浅めには慣れているとはいうものの今の自分の好みとは少し違う……ということでのAnkaraです
程よい浅さで、しっくりきます。

P1020698.jpg

P1020699.jpg

P1020700.jpg

P1020701.jpg

バックヨークに使われている糸はよく見るとイエローとオレンジの2色使いです。

そして、タグに使われているTELLASONの「T」という文字や革パッチに使われているロゴは、アメリカの有名なフォント会社「HouseIndustries社」によるデザインだそうです。
さらに加えるなら、革パッチもアメリカはオレゴン発の「TANNER GOODS」で作られたモノ。
さらにさらに。リベットはケンタッキーのメーカーによるアンティックカパー。

まあ、くどいくらいにアメリカに拘ったモノ作り(笑)
さらなるくどさは、縫製自体、サンフランシコで行われているとのこと。

もうこのくどさには拍手です。

P1020706.jpg

P1020707.jpg

もちろん……というべきか、赤ミミ仕様。裾裏は青糸でチェーンステッチされています。裾上げに出しましたが、基本的に同じような色合いの糸であげてもらいました。
マタ部分の補強縫いも、青糸でされています。

そして、このジーンズの「Made in USA」である、もっともそそられる部分は、生地の出生でしょうか……

P1020740.jpg

「コーンデニム社(旧コーンミルズ社)」
リーバイスのXX生地を生産していたことで有名なブランドですが、そのホワイトオークで作られたまさに直球の生地でしょうか…

ジーンズ好きではありますが個人的には、ヴィンテージそのものにはあまり興味がなかったりします。その成り立ち、歴史には興味は持っても実際に「穿く」ということであれば、今の時代に作られたモノを穿きたいと思っています。

でも、その歴史が新しく作られたモノで味わえるなら、それは積極的に味わいたい……という気持ちです

P1020708.jpg

P1020710.jpg

ボタン形状はシンプルなドーナツ型ですが、トップボタン以外はよく見ると、「・・・」の模様が入っています。

P1020711.jpg

P1020712.jpg

P1020714.jpg

裏返して見ると、スレーキー部分には様々な刻印が施されています。
「TANNER GOODS」のタグなんかも見られます。

ちなみにスレーキーの外端部分は上から下まで縫い付けられています。
裏返して見て、全体の縫製はシッカリしている印象です。

P1020703.jpg

P1020702.jpg

バックポケットのステッチは、横一線…かと思いきや、所々で使われている青糸がTの字に入っています。
ポケット裏を覗くと……

P1020724.jpg

隠れ赤タブとでもいうのでしょうか……(笑)
「LEGAL(合法)」という文字が入っているそうです。
この辺は、皮肉が効いててニヤッとしてしまいます。

横一ステッチの下部分には補強布が縫い付けられていて、アタリにも影響してきそうです。

P1020715.jpg

P1020720.jpg

ワンウォッシュした後のシルエット。
そんなに目立ったテーパーはかかっていませんが、細すぎない好みのシルエットです。

P1020721.jpg

革パッチは、一度洗って乾燥しただけで見事なアメ色に……
海外のブログなんかを見ると、穿いて洗ってをしていると爽やかなブルーに色落ちしていくようです。

色落ちの紹介記事は、日本ではまだまだ少ないようなので、まずは自分で集中的に穿いてみようと思ってます。

他のもあるので、なかなか進みませんが……



にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

 

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
【テーマ:ジーンズ★海外ブランド】  2012/02/11(土)
今回のブログもインポートに傾倒していた頃のジーンズです。

7 for All Mankind

アメリカはロサンゼルス発祥のジーンズです。
レディースでの展開のイメージの方が強いですが……メンズも出てます。

IMGP1370.jpg

IMGP1371.jpg

形は、弱フレア…という感じです。

P1020651.jpg

P1020654.jpg

バックポケットのステッチは、今販売されているものとは違います。
数字の7をモチーフにしたデザインになっています。

バックヨーク部分のステッチは、トリプルステッチで縫われています。

P1020652.jpg

P1020655.jpg

このジーンズ、夏にはたまに穿くことがあります。
というのも、オンスが軽い…(笑)

デニムという生地感ではなく、スラックス感覚で穿くジーンズです。

まあ、色々なものを穿いてきて、今があるので…
他にもインポート系のジーンズはまとめておきたいと思います。




にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

 

人気ブログランキングへ



【テーマ:ジーンズ★海外ブランド】  2012/02/07(火)

今日は、スウェーデン発のブランド、NUDIEの紹介です。

僕は、5年以上前はもっぱらインポート系のジーンズを買いあさってました。
その過程で購入した一品です。

NUDIE(ヌーディ)SLIM JIM。

CIMG2813.jpg

CIMG2817.jpg

ほとんどテーパーのかかっていないストレートシルエットです。

最近では加工物をよく見ますが、僕が購入した時はリジッド(ワンウォッシュ)で洗濯せずに最低半年は穿き込みなさい……というのが謳い文句でした。
今でもそうなのかな…?

パークスの専門SHOPなんかは、加工物が目立ってる気がします。

CIMG2814.jpg

NUDIEのブランド記号は、このステッチ。
ある意味、分かりやすい。

このステッチで、すぐにNUDIEであることが分かります。

CIMG2818.jpg

ボタンには、「NUDIE JEANS CO」とブランドのロゴがあしらわれています。
ちなみにこのモデル、ボタンフライではなくて、ジッパーフライです。

CIMG2815.jpg

革パッチは、こんな感じ。
NUDIEの「N」がモチーフになっています。

CIMG2819.jpg

ワタリはともかく、腰回りがタイトなジーンズです。
中々、穿く機会は無いんですが……売らずに捨てずに、手元に置いています。




にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

 

人気ブログランキングへ



【テーマ:ジーンズ★海外ブランド】  2012/02/01(水)
物欲の勢い止まらず……また、ジーンズに手を出してしまいました(苦笑)
まあ、セールにかかっていて安く買えたということもあるんですが

購入したのは、インポートブランド、
RAG&BONE(ラグ&ボーン)のモデルRB15Xです。

P1020597.jpg

P1020599.jpg

P1020604.jpg

アメリカはニューヨーク発のブランドですが、知名度としてはどうなんでしょうか…?
トゥモローランドでも取り扱っているようなので、そこそこ知られているのか…
デザイン的には、ごくシンプルな5ポケットです。

P1020600.jpg

P1020605.jpg

インポートブランドとはいっても、生地については日本製を使用しているところが、ままあるのですが、このブランドについても当てはまります。
ただ、モデル名の後ろにXが付くのは、定番ラインから縫製の仕様や素材を変更しているらしいので、このモデルについては??です。

基本、色落ちなどの加工は入ってませんが、シワ加工が入ってる気がします。

P1020601.jpg

P1020602.jpg

サイズは33インチ。32インチと穿き比べて、33にしました。
細め、ということなんですがワタリや裾なんかは、そんなに「細い」という感じではなく、腰回りがタイト…という印象です。
ウェストラインのサイズ感でいえば、32も33も差はあまり感じませんでしたが、お尻周りについては33で余裕が出て、ピチパチにならずに穿けるということでの選択です。


RAG&BONEのブランド記号と言えば、バックポケットの小さなマークですが……

P1020606.jpg

どういう意味があるのかは、知りません(笑)

このジーンズ、色落ちや穿き込みがどうこうというつもりは無く、気分転換に軽い気持ちで穿いていきたいです
オンスも軽いですし(笑)
夏ジーンズとして、イイかもしれません。





にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

 

人気ブログランキングへ




【テーマ:ジーンズ★海外ブランド】  2012/01/25(水)
今年に入ってから、最初の一本です。

フランスのブランド、A.P.C.(アーペーセー)のモデルNew Standard。

P1020586.jpg

初めて買うブランドで、なおかつリジッドで販売されていたのでサイズ感が全く分からなかったのですが、31インチを購入して正解でした。

P1020589.jpg

生地は岡山の児島で作られたものを使用しているらしく、14.8オンスの生地はしっかりとした穿き心地で色落ちの楽しみもきちんと味わえそうです。

P1020588.jpg

P1020594.jpg

デザインは「ド」シンプルで、バックポケットには飾りステッチもなく、ポケットの形もオーソドックス、、、穿き込むことで個性を出しなはれ、と主張しているようです。

赤ミミ使用で、普通に真面目に作り込まれたジーンズ、という印象です。

P1020591.jpg

ただ、裾のステッチ幅は何だか違和感があったので裾上げに出した際は、8ミリ幅のチェーンステッチで仕上げました。

P1020617.jpg

ボタンは、剣とギターがモチーフに使われています。

P1020595.jpg

シンプルではあるのですが、シルエットに関してはキレイです。
この辺はジーンズの写真だけでは伝わりにくいですが……その内、機会があれば穿いた時のイメージをパチリと載せてみたいと思います。




にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

 

人気ブログランキングへ



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
SHOP(アメカジ)





ttl01-01.jpg



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

N-ICHI

Author:N-ICHI
性別:♂
年齢:40そこそこ
職種:IT関係
生育:生まれも育ちも関西

ジーンズが好きで、20本以上所有。したがって週末のスタイルはアメカジになります(笑)
持っているジーンズは、レプリカからインポートまで多様。
↓手持ちジーンズ↓
フルカウント、ドゥニーム、UES、ダルチザン、タブロイドニュース、KATO、ダブルツリー、DIESEL、タバニティ、セブン、Nudie、アーネストソーン、G-STAR、などなど

検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
カウンター

 | 一年は8760時間♪TOPへ |  Next
Copyright © 一年は8760時間♪ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。